天邪鬼は喋らない方がいい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

img

拘束ピエロ「suicide paradox」終演しました。
画像はフライヤーとは別に、劇団の公式サイトのTOP用に描いたものです。

今回は賛否両論、様々な感想が寄せられていて大変面白いです。
やっぱりエンターテイメントはこうでなくちゃ!

初見で、微妙だったと思う人こそ、是非次回も観て頂けたら良いなと思っております。
違った側面に気付ける・・・はず。
次回といわずとも、何かのきっかけで思い出したときにでも。何かを感じたのなら。
これはいちスタッフとしてではなく、いちオーディエンスとして。
スポンサーサイト

めぐらす

img

拘束ピエロ 4.8「so complex AB-normal」
終演しましたが、今回も描かせて頂きました。

初のオール女性キャストということで、絵も女性。
拘束ピエロにおいては、あまり人物画を求められなかったけれど
前々回の「ビルと廃材」で好きに描いていったものが好評だったので
前回もフライヤーに忍ばせてもらって(忍んでないか)
今回はがっつり描かせてもらいました。

個人的には人間ばかり描いているのだけれど、こんなに性別を意識して描くのは久々だった。
しかし未だに、この人が何者なのかわからない。
思えば自分が描いた人が誰かなんて考えたこともなかった気がする。
……まあ考えたところでわかんないか。

はじまる

img

拘束ピエロ「so complex semi-normal」
フライヤーデザインしております。
今回はブックレット仕様。
デザインから印刷・製本までやるっていうのは思ったより大分大変で
幾度か発狂しかけたけれど、やっぱり、良い。
手で作るって楽しい。好きだ。もっとやらせろ。
いや、すみません。今後とも何卒ご贔屓に。
どうやらシリーズらしいので、バージョンアップをはかっていきたいです。
頑張ったプリンターには愛してるって伝えたいです。

宴の終演

img

このブログの空白の間に起きた出来事で1番大きかったのは
拘束ピエロという劇団との出合いだったと思う。

フライヤーデザインを担当させてもらったのは今回で3度目で
この度は舞台美術にも協力させて頂き、作品集も売らせて頂いた。
(作品集と呼ぶには名前負けしそうですが…)
時間は少なかったけれど、その分、濃密な経験だった。
終わらないで、と心から思った。

喜んでもらえる嬉しさと反面、力不足をいつも感じていた。
主宰が観ている理想はこんなものじゃないだろう。
だけど今というものを噛み締めて前に進む努力をしている人なのだと勝手に解釈している。

また必要とされる時が来ますよう、
勉強して、感覚を研ぎ澄ませて、自分なりに活動していく所存です。


あーーつまらねえ文章だな!
絵よりも文の才が欲しいよ!

夏よ去れ

img

しばらく涼しかったから何か夏っぽくないと思ってたら
今年も記録的な暑さだったらしい事を新聞で知る。
いつから数えてか忘れたけど4番目ですって!

そんな私はいよいよ扇風機を買いそびれた夏だった。

下層意識

img

気がつけば嫌悪感ばかり胸の中に蓄えている。
我ながら思う歪んでいる。

引用編 1

哀愁

趣味の一つに、本を読んでグッときた一節を書き留めるという行為がある。
思えば中学生の頃からやっている。
最初は漫画だけだったけど、好きな歌詞だったりその歌手のインタヴューだったり
小説だったり句集だったり、様々なところから引用するようになった。

そこでひとつ。
最近読んでたまらなくなったのが、坂口安吾。
短編集「肝臓先生」の作品の中から。


私は始めから不幸や苦しみを探すのだ。
もう幸福などは希わない。
幸福などというものは、人の心を真実なぐさめてくれるものではないからである。
かりそめにも幸福になろうなどとは思ってはいけないので、人の魂は永遠に孤独なのだから。
(中略)
ところが私は、不幸とか苦しみとかが、どんなものだか、その実知っていないのだ。
おまけに、幸福がどんなものだか、それも知らない。どうにでもなれ。

「私は海をだきしめていたい」より


どうにでもなれ。ですよ。
言葉の紡ぎ方が本当に素敵。
もともとは「ジロリの女」を薦められて手に取った本なのだけど
これもよかった。

写真は、江ノ島の海と黄昏れるおっさん。

何という

sheep2

最終更新が2年前…だと…!?
何も無いと思ってたのに、そんな事も無いのだと知る。
只、蓄積があるかは微妙だ。

これを再開したことにも特に意味はない。
また一から始めようかと思ったけれど、消せなかった。
拍手ボタンは付いているけれど、誰が評価してくれたのかも知らない。
知らなくていい。
何も本当は知りたくない。
喋りたくもない。
伝えたい事などないのだ。

とりあえず、今。

なついろ

img

9月の連休は“シルバーウィーク”ていうんだなぁ。
旅行するぞー!

ジレンマ

img

美術館にもレイトショー的なものがあればいいのに。
平日の仕事帰りに行けるようなさ!
と思ってたら、行こうと思ってた阿修羅展が最終週20時まで開館って!

…ああでも
大規模な展覧会は1日空けないと観れないなあ。

とかうだうだ言ってるうちに日は過ぎて
いつも最終日に駆け込むんだよなあ。
そして人ごみで鑑賞どころじゃないっていう。。

うーーん

Top|Next »

HOME

H/U

Author:H/U
1987年生まれ
東京都出身

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。